2008/02 ≪  2008/03 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2008/04
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
腹をくくる
2008/03/27(Thu)
成績が返ってきました…。色々な意味で腹をくくらなくてはならないかもしれません。私立を選択する、あるいは本当に本当に公立の後期の2次枠狙い、、どちらを選んでもこれから一年かけてもっともっと学力をつけなくてはなりません。

成績表を前に息子の後期の努力を(親だけは)認め、3年生に向けて頑張らなくてはならない事と諦める事を話し合いました。

頑張らなくてはならない事は内申を上げる為に先生に息子が出来る範囲でもう少し(本音はガムシャラ?)アピールする事(公立を選んだ時点でどうしてもこれは必要なものと割り切って)

諦める事は内申重視の公立を諦める事、2年生の内申が必要な私立の併願推薦は諦める事。そして親はもしもの場合の為に私立の学費と息子自身が行きたい!と思える私立を一緒に探す手伝いをする事。

内申の付け方にどうしても納得できない部分がありますが言っても変わるものではないですし、ある程度承知して公立を選択している訳ですからしょうがありません。

学力に関しては定期テスト(5教科)は9割から9割後半という感じでしたからこれをすべて9割後半まであげたいと息子は言ってました。(はたしてテストの点をあげれば内申があがるかといわれるとはなはだ疑問ですがきっと息子は先生アピールより点数を上げる方がやりやすいんだろうなぁ=内申無理だなぁ涙)

逆風が追い風に変わる事を期待しながら3年生を迎えます。崖っぷちだ!頑張れ!
スポンサーサイト
この記事のURL | 高校受験 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
進路は様々
2008/03/19(Wed)
母の私が読んでいた、今話題のミステリーチーム・バチスタの栄光!ミステリーとしての完成度はダヴィンチ・コードなどと比べてしまうとアレですがさくさくと軽快に読めてたっぷり楽しめました。シリーズ物なので他のもさっそく買いに行きたいし映画もみなきゃ著者自身も勤務医とあって医療現場が克明に描かれています。知らない世界を垣間見る事ができ興味津々。

 

で、タイムリーにも月曜日の朝日新聞の朝刊に載っていたのが研究施設オープンの話題。東京女子医大と早大が連携して建設したコラボ施設先端生命医科学研究教育施設オープン。医学と理工学の融合により先進的な診断治療の研究開発施設で「医学が分かるエンジニア」「工学が分かる医師」の育成を目指しているのだそうです。

横浜サイエンスフロンティア校の企業や大学とのコラボ等今は本当に教育内容も幅が広いですね。何度も言ってますが子供自身が将来の夢をもってくれたらなぁ、、と願ってやみません。あっさりと「社会の先生になる」なんて言い出すかもしれませんけど

既に高校入試準備が次年度に向けて始まったようです。神奈川の高校展2008 全公立展こちらが皮切りでしょうか。いよいよスタートです。
この記事のURL | 日々の学習&塾 | CM(3) | TB(0) | ▲ top
勉強を主体的に
2008/03/19(Wed)
期末試験も終わり、提出物が一段落してから…だらり?んとのびきっている息子。中3生が毎日楽しく遊び過ごしているというのは理解出来るけどなぜ中2の君までゆるゆる?

家にいる時は塾の宿題以外は何かしている気配が感じられません。本を読んでいるかゲーム。あとは駿台の学力テストの直しを(親に言われて)ごそごそしてましたっけ。もちろんのびきって素のままで受けた横浜市学習状況テストの結果は推して知るべしでしょう

塾の説明会や受験報告会、また先輩母達の話を聞いているうちにやはりこの先は子供自身がどれだけ主体的に勉強に取り組むかだなぁとつくづく感じました。やらされているうちは絶対に超えられない壁があります。

公立トップ校から慶応早稲田、国立へ進学したお子さん自身の話を聞く機会があったのですがそのお子さん達の口から出るのは「自分で目標を持って取り組んだ」とか「いや?親がいくら言ってもやらない時はやらないし結局自分次第ですよ」と既に大人な発言

大学に入る事が目標ではないので慶応早稲田都内の国立でなくとも将来の目標さえ決まれば横浜国立大学横浜市立大学神奈川県立保健福祉大学など近隣の公立大学でかなりの学科を網羅してます。

また、親が中学時代9科目すべてに目を光らせ授業の進度も内容も把握し一緒に勉強して(もちろん実力もあってですが)独自入試トップ校へ入学したものの学校の勉強についていけてなくてまた親の出番…なんて話を聞くとますます一日も早く主体的に取り組んで欲しい、、出来ればうすらぼんやりとでも将来の目標を持って欲しい!と切に願ってしまいます。

自分で選んだ部活(小学校から自分で希望して続けているもの)、身の回りの整頓(机周りや衣類はかなり綺麗に整頓してる)、たまーに作る自分の昼食等、勉強からみれば遠回りだけど自分で主体的に行動している場面も多々ありますが勉強に関してはまだまだ受け身。ここが育つのを既にずうっと待ってますけどこれからも待ち続けます。

カバ息子の成長を待つのはなれてますからええ、本当に。まだまだ時間がかかりそうで高校受験で間に合……

主体的に考えられるようになれば今自分が何をしなきゃいけないか分かり学力が
そしてついでに内申もそこそこあがるのでしょう。

息子はテストが終わってから大好きな一瞬の風になれを読み返し、こんな本や漫画を読んでました。私も中学や高校時代もっともっと本を読めばよかったな…と反省。

  

本の装丁を眺めるのも好きでついついこうして並べてしまいます
この記事のURL | 日々の学習&塾 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
ちょっと一息
2008/03/05(Wed)
子供が中学生になった途端、週末一緒に出掛ける機会が激減!それでも部活が休みで英検の二次試験のあった日の午後連れ出して小田原までドライブしました。あと何回付き合ってくれるかな…

復元されてはいますがかつての北条氏居城の小田原城。最上階から相模湾一望の素晴らしい眺めは、上杉、武田との戦い、秀吉に攻められ落城までの小田原城の歴史に浸るのにピッタリの眺めでした。梅が咲き始め春はもうすぐです。

小田原城1 小田原城2 小田原城3


秀吉で思い出しました…数年まえ大河ドラマで義経が放映されていた時に家族で鎌倉へ行き頼朝のお墓に寄りました。横浜国立大学附属鎌倉中学校の前を通りすぐそばにあります。とてもひっそりとした寂しいお墓でしたっけ。

この時、北鎌倉から出発して「建長寺」の奥にある天園ハイキングコースを回ったのですが非常にきつい山道のハイキングコース。でも山頂からの眺めがすばらしく思わず撮った写真にしっかり「鎌倉学園」が写ってました。(右側のコンクリートの建物)その時は意識していなかった、、というか中学受験をしていなかったので私学の名前を知りませんでした。神奈川では有名な私学なんです。

「鎌倉学園」!今では行けるなら行かせて頂きたい学校となっていて、昨年末の説明会にもしっかり出席してきました。時間のある時に説明会の感想などを載せようと思います。とても恵まれた環境の中に立つ歴史のある学校です。難点は遠い事。毎日遠足?と思うのは深い緑に囲まれた環境のせいもあるかもしれません。中学生だって都内まで通学してますものね。

鎌倉



この記事のURL | お出かけ、旅行 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
横浜サイエンスフロンティア高等学校
2008/03/04(Tue)
以前のブログで触れた横浜サイエンスフロンティア高等学校の事。
コメントでこちらの学校の事を詳しく教えて下さった方がいました。
せっかくなのでコメントのまま記事に残しておきます。公開コメントには
なっていますがひっそり載ったままでは勿体ない気がしましたので。




「普通科志望」のお子様をお持ちの方へ

横浜サイエンスフロンティア高校は、「理数科」高校ですが、国語や英語などのコミュニケーション能力育成も重視し、様々な分野で将来世界で幅広く活躍できる人材の育成を目指しています。
昨年12月に公表されたOECDの学習到達度調査(PISA2006)の結果、日本の「科学的リテラシー(応用力)」は、前回、前々回の第2位から、今回第6位に低落しました。
エネルギーや食糧資源のない日本が、今後国際社会で競争力を保っていくためには、科学技術の振興が求められており、そのためには理数教育の充実が不可欠です。

数学は論理的な思考力を、理科は課題設定力や探求力を身につけることになりますので、将来大学で文科系に進む場合でも、理数教科に強いことは絶対に有利です。

横浜サイエンスフロンティア高校では、3年次の選択科目のとり方で、文系学部への進学にも対応することになっています。

たとえば、「ナスカの地上絵」を研究している考古学者が衛星画像の解析を利用したり、X線技術が「源氏物語絵巻」の研究に活用されたりするように、文系・理系という考え方は、日本特有のものであり、最近では分離融合や学際的研究が進んでいる言われています。

お子さんには、そのような情報も提供されてお勧めになってみてはいかがでしょうか?

公立高校ですから、授業料は月額1万円程度、そのほか2年次に海外研修旅行が予定されていますので、その費用と教材費等でおそらく月額1?2万円程度と予想されますので、全教室冷暖房、校内LAN完備、生徒用コンピュータ400台、先端科学実験室20教室などの学習環境と、大学や企業の研究者がサポートする高いレベルの教育内容などを考えれば、費用対効果で私学と比較しても、要検討だと思いますが・・・・

2008年02月23日 20時47分



YSFH様

貴重な情報有り難うございました。こちらの学校の名前は特に男子の保護者の間からよく聞く様になりました。あの施設の充実ぶりは素晴らしいです。もし子供が絶対に理系!!と言い将来の夢をそちら方面に思い描いているなら是非行かせたい学校なのですが当の本人がなかなか煮え切らないのが残念な所です。

理科の授業を学校でも一番楽しみにしており、先生によって授業がわかりやすいかそうでないかもはっきり分かる教科ですから、こちらの学校で錚々たる先生方に教えて頂けるだろうと思うと本当に行かせたい気持ちで(親は)イッパイです。

理科と同様何故だか(?)社会の特に歴史も好きで高校でも絶対に授業を取るんだ!と今から楽しみにしているんです。なのでHPで一年次に歴史がない…と及び腰に。選抜方法も英理数と得意な科目を重視しているので向いているような気がするのですが。

既に来年の説明会の日程も決まっているようなので特に施設見学には子供を連れて行きたいと思います。こちらの学校のHPを見ていると夢がいっぱいになります。

2008年02月27日 15時00分



sara 様

横浜サイエンスフロンティア高校の地元、鶴見区には、同校の入学を目指して指導する特別クラスを新年度から開設する学習塾も出現しました。 (「中山学院」という地元の小規模な塾のHPを見つけました。)

お子様が理科の授業が楽しみ・・・とのこと。それならば、横浜サイエンスフロンティア高校の教育環境、施設環境をチェックして見ては?

1月末にホームページで公表された、「入学者選抜の考え方」によると、定員の30%をとる前期選抜では、中学時代の成績のうち、「理科・数学・英語を重視する」とあります。おそらく、その3教科の評点は、1.5倍若しくは2倍されるでしょう。

また、面接や自己表現活動(作文か翠嵐のような課題提示式)においても「科学に関する興味関心を重視」することになっています。、理科好きな生徒には有利です。

さらに、定員の70%をとる後期選抜においても、第2次選抜として後期の定員の20%は、何と、理科・数学・英語の3教科150点満点の学力検査のみの結果で選抜します。

後期の20%を学力検査のみでという方式は、他校でもありますが、通例5科目250点満点であり、理数英3教科というのは、県内公立では初めてではないでしょうか?

昔に比べて、最近は小中学校で理科の実験が少なくなっていると言われています。

いわゆる「ゆとり教育」の結果、授業時間数が減り、また、小学校では、過半数が女性の先生で、理科の実験が苦手な先生もいるという話も耳にします。

懸念されている 「理科離れ」の原因は、私たちの周りに動物や植物、海や野原などに接することができる自然がなくなり、子供たちが関心を持ちにくくなっていることもあると思います。

横浜サイエンスフロンティア高校では、土曜日や夏休みなどの時間も効率的に活用し、大学や企業の研究者を招いて、実験・実習を重視した「ほんもの体験」の科学教育を行うこととしています。

実験室は20教室(普通科高校はたいてい4室)、走査型電子顕微鏡や中国ギョウザ事件の分析でも活躍した「ガスクロマトグラフィ質量分析計」などの先端科学実験機器、屋上には天体望遠鏡も備えられます。

夏以降開催される、学校説明会や施設見学会でしっかりと確認されたほうがいいと思います。

私は昨年、「堀川の奇跡」と言われた京都市立堀川高校に行って生徒の様子も見てきました。

京都大学に30?40名の合格者を出すようになった有名校ですが、その堀川高校も「探究」という教科で、生徒が選んだ研究テーマをそれぞれが発表する課題探求型学習で成果を挙げていました。

社会科に関しては、現在の指導要領では、世界史が必修で、選択で日本史ももちろん履修できますので、心配はないように思いますが・・・

お子様のご健闘をお祈りしています!

2008年03月01日 10時54分
 
この記事のURL | 高校受験 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。