2008/03 ≪  2008/04 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2008/05
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
鎌倉学園高等学校説明会(2008年度入試)
2008/04/12(Sat)
去年参加した鎌倉学園の高校説明会で先生方は「自信を持って男子教育を行っています」「男臭くて結構、汚くて結構!」「全員お預かりしている大事な生徒なので全員が特進クラスです(習熟度別あり)」「学校が楽しいものであって欲しい」と。

どうしても親としては大学進学実績を重要視しがちですが私学はこうした「どう子供を育てるか」というポリシーを明確に聞く事が出来て大いに参考になります。

現役合格率は76%、現役進学率57%。親としては少々気になる進学率ですが「学校が楽しいものであって欲しい」「週に毎日部活参加もOK」「7?8割が最後まで部活を続ける」「納得して受験、進学して欲しいので無理矢理受けさせない」という学校の方針故でしょうか。

高入生は中入生とは高校2年まで別クラスで授業。この2年間で特に中入生に比べかなり遅れを取っている数学と英語の学力をつけるのだそうです。ほ…んとに遅れているようです。

2007年度は1/22が試験日の推薦(私学公立共に併願可)で40名、2/11が試験日の一般で40名募集だったのが2008年度はそれぞれ55名に増えていました。併願推薦基準は120/135又は5科70/75で、以前は9科と5科両方の基準を満たしていなければ推薦を受けられなかったのがどちらか一つでよくなったようです。

2/10に多くの私学が入試を行うのに対し鎌学は2/11に設定。他の私学もどうぞ受けて下さいとのこと。さらに3/3にもう一度受験の機会があるのでこれは心の拠り所になりそうです。実際はこの日に試験を受けにくるお子さんはかなり精神的に大変だと思います…とおっしゃっていました。

英検準2級取得していると推薦の内申-1(69/75)で可、2級だと内申-2(68/75)で可。息子は推薦を受けるとすると当然5科の方の内申になりますが準2級のポイントを使っても3年の内申がかなりアップしないと足らないので一般受験を狙った方がよさそうです。

だいたい6割の回答率なら合格の可能性があるそうです。塾の先生は「一般はなかなか受からないんですけどね?」とおっしゃってましたけど…

気になる学費は入学金20万のうちを10万えば公立の発表まで待ってくれます。入学金20万施設費21万、そして月額はだいたい55400円との事でした。現在年額2万弱の学費で中学に通わせている公立母としては大変な負担増を感じますけどね。

男臭くて、むさ苦しくて、華やかな色がない校舎でしたが内申に四苦八苦する息子が通えたら本当に楽しく過ごせそうな「自信を持って男子教育を行っています」と先生が言われる通り息子を理解してもらえる学校なんだろうと感じました。


深い緑の中にある学校ですが北鎌倉から紫陽花で有名な明月院につながる道の前を通ります。数年前に行った明月院の紫陽花!それは見事でした。男子学生にとっては食べられないから興味ないのでしょうけどやはり素晴らしい環境です。

ajisai1ajisai2ajisai3



スポンサーサイト
この記事のURL | 高校受験 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
一息ついて遊んでいるうちに新学年!
2008/04/12(Sat)
sakura1sakura2sakura3


新学年、いよいよ最終学年が始まりました。息子は春休みに部活の合間に友達と遊んだり両方の祖父母の家に泊まり遊びに連れて行って貰ったりしているうちに内申ショックから立ち直ってきたようです。四の五の言っている時間はもうありません。前を向いて自分の出来る事をするのみ。

夫の幼なじみが国立に引っ越したので家族で会いに行きがてら満開の桜を楽しんできました。見事な桜並木が街を市を(小さい市なんだそうです)覆い尽くしています。そして学園都市としても有名な国立市。一橋大学や都立国立高校が大学通りに並んでいます。少し歩けば私立桐朋学園もありました。せっかくなので大学通りの学校をパチリ。左が一橋大学、右が国立高校、桜の切れ間から校舎が見えました。

kunitachi6kunitachi4


これ程恵まれた環境にある学校も珍しいのではないでしょうか。お互いがいい刺激になって有数の学校となっているのでしょう。夫の友人は桐朋高校を卒業されていて公立志向の夫も「桐朋行けるならお金を出す!」なんて言うのですがこの街を訪れてみてその環境の素晴らしさに納得しちゃいました。現実には難易度も高すぎ自宅からも遠すぎで受験できませんけど。

桐朋も鎌倉学園も高校から入学できますが中高一貫校を知るとやはりこうした私学は6年間通ってこそ、というか6年間かけて男の子を学力だけでなく情操面も含めて育てて貰えるようになっているんだろうな…と感じました。(あくまでも私見です)

そうなると我が息子はこのまま公立コース、あるいは大学受験に重点を置いている予備校的な要素を持つ私学の高校に通う方がいいのか…。でも、昨年参加した鎌倉学園の説明会はとても魅力的なものでした。(次回に続く)
この記事のURL | お出かけ、旅行 | CM(1) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。