2008/11 ≪  2008/12 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2009/01
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
とにかくやるだけ
2008/12/06(Sat)
内申が出ました。どうにか上げたかったようですが変わらず…。唯一可能性がありそうだった科目が一つあり期待していたようですが残念。それでも去年の基準から変更されて3年の5科だけで確保できる県内の私立併願校が増えたのでしょうか。。安心して受験に臨めます。さらに英検準2級があれば内申が下がった場合の保険になり(内申1として換算)これも安心の素になっていました(秋にチャレンジした2級は残念でした)

内申が配られ、ほとんどのお子さんは前期と変わらず→→だったようです。最後のテストで挽回をはかり頑張った子はブーブー言っていたそうですがやはり前期と後期中間の総合でつけられたという事でしょうか。あぁ、やっと内申から解放されます

1:内申で確約が貰える私学1校
2:県立が駄目だった場合に実際に行きたい私立1校
3:(さらに超チャレンジ私学1校…模試で手応えが出てきたら受けたいんだそうです。
  手応えといっても、もう12月ですけどね。)
4:本命県立1校→先生方に後期の2次枠と釘をさされている

合計3校(または4校)の受験です。ご家庭によって志望校選びは様々。性別でも違います。我が家は色々考え附属校は(推薦、併願、一般)受験しないことに…。まだまだ幼く将来の夢や得意科目ですらうすらぼんやりとして定まっていない息子。

附属校は学校によっては大学の進学に文系に強い理系強い、あるいは理系オンリーの附属、文系のみの附属とわりと決まってしまいます。それにまだまだ学校生活で揉まれ、大学受験勉強によって成長しなきゃいけない部分も多い息子です。高校受験であの大学の附属の推薦狙えたのに…大学では駄目だったなんて事もあるかもしれません。それでもこっちの道と息子自身も納得しての学校選択となりました。

公立の理社はとにかく暗記。考えたり表現して書くのが苦手な息子にとって暗記は楽なようですが大学受験では通用しないでしょう。この点も高校生活や大学受験を通して伸ばしていかなきゃいけないですし、大学に入って何をしたいか、これも忙しいだろう高校生活の中で考えておかなくてはなりません。

塾での勉強時間も長時間になってきました。塾のない日も(それ程長い時間ではありませんが)地味?に机に向かってます。たとえ学力が伸びきれなかったとしても悔いが残らない様にと本人も必死のようです。なんとか!頑張れ!



スポンサーサイト
この記事のURL | 高校受験 | CM(6) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。