2009/01 ≪  2009/02 12345678910111213141516171819202122232425262728  ≫ 2009/03
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
咲いたっ!なんとか桜、咲きました
2009/02/27(Fri)
仕事中、ふと顔をあげると横なぐりの雪が舞ってました。今年の受験シーズンは毎日いい天気が続いてましたが最後の発表の日がこんな天気。県内のあちこちの高校で発表を待つお子さん達は寒い中不安な気持ちで待っていた事でしょう。

息子は何とか合格する事ができました。本当にギリギリだったと思います。本当に嬉しかったとニコニコ顔です。この気持ちを大切に一日一日を大事してに高校生活を送ってほしいです。

息子にはオメデトウ!という言葉と一緒に学生の本分の勉強に対して今回の様にきちんと最後まで取り組む事、5教科をまんべんなく学ぶ事、そしてやり直しはもちろんいつでも出来るけど高校生活の中で将来の夢を持ちそれに繋がる進路を選ぶ事を伝えました。何度も折に触れてこの点は根気よく伝えていくつもりです。

自分の為にも、親から自立する為にも、無事社会の一員となる為にも大事な一歩が始まります。

あとはもう言わなくても高校生活を満喫するでしょう。たくさんの友達や先輩や先生方と出会って大きく成長できますように!
スポンサーサイト
この記事のURL | 高校受験 | CM(12) | TB(0) | ▲ top
いよいよ明日発表
2009/02/26(Thu)
明日は最後の試練(?)県立高校の合格発表です。2月19日の受験から8日後!長かった?息子はもう驚くほど毎日遊びほうけてます。一切勉強してません。遅く帰ってきてご飯を食べた後は自室にこもってゲーム三昧。

これなら受験勉強中の方が息子とコミュニケーションが取れていたような気がします。一年先輩のお母さんは「今一番心配でイライラしている時期だからしょうがないわよ」とおっしゃってましたが、イライラしているというより昔のポケっっとした顔つきでなんにも考えてないような……

試験当日は私が仕事から帰宅したあともまだ帰っていなかったのですっかり遊びに行っているのだと思っていたら、試験後に塾に直行しそれぞれの学校で戦ってきた皆と一緒に採点していました。息子は5教科の中の1教科でちょいと沈んでましたが、まぁずっと苦しんできた教科でこれからも絶対に逃げられない教科。高校入学後に自分で頑張っていかなきゃいけないのは分かっているはず。少なくとも試験当日まではそう言ってました。

最後の2,3ヶ月は息子なりに日々学力が上がってきているようにも見られましたし、入学試験を受ける度に成長していると感じ、顔つきも親ばかですが精悍な顔つきになってきたと思ってました。頑張ったから悔いはないだろう!そう思ってました。それなのに?こんなにほうけてしまうのが早いとはまたこのブログを始めた頃のふりだしに戻る?…そんなっ

学校も毎日毎日ずぅぅぅぅぅっと思い出作りの行事が続いてます。卒業式まで続きます。ペタンコのかばんで毎日通学してます。こんな雰囲気のまま高校生活へ突入しないよう明日の発表以降にちょっと話し合いでもしましょうか。。

せっかく優しい母になって明日送り出したかったのに今日もまだ帰ってくる気配のない息子を待っているうちにこんなんになってしまいました。

ともあれ、皆様のところにも!我が家にも桜咲きますように…
この記事のURL | 高校受験 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
残るはあと一校、県立高校のみ!
2009/02/15(Sun)
私立受験と発表がすべて終了しました。3校中、確約を頂いている1校を含め2校合格を頂きました。

併願で確約を頂いてはいるものの公立が駄目だった場合は、一般受験して合格した学校に通いたい!といい続けてました。難易度としては大差ないのでは?なんて思いましたがこの点に息子は強くこだわってました。筆記試験をして入りたいんだ!と。

それだけでなく、確かに併願確約の学校より一般受験した学校の方が学校の雰囲気もカリキュラムも行事も息子に合っているし、将来の(うすらぼんやりとした)夢にはこちらの方がよさそうでしたのでなんとしても合格したかったようです。とても嬉しい合格でした。

超チャレンジ校は超チャレンジのまま終わりました。負け惜しみの様ですが(汗)一般受験した学校とこれから受ける県立高校で忙しく充実した高校生活を送る息子は容易に想像できましたが超チャレンジ校に通う息子は最後の最後まで想像できませんでした。(借りてきた猫のようにウロウロソワソワして途方にくれている姿が)それでもこちらを目指した勉強をしたからこそ一般受験した学校に合格できたのだと思います。

今週はいよいよ本命の県立高校の受験。厳しい状況なのは私立と同じ。部活や学校生活を大いに楽しんで、まわり道をしながら自分の夢を探っている姿が想像できます。合格に向けてまだ出来ることがあるはず!頑張れ? こちらを目にして下さった受験者の方のところにも桜が咲きますように
この記事のURL | 高校受験 | CM(6) | TB(0) | ▲ top
願書提出すべて終了
2009/02/06(Fri)
今日の県立で願書の提出がすべて終了。2週間後には「高校受験」が一段落です。息子はワクワクして出掛け、高校に到着したのが早過ぎたようで受験番号が一桁だったとか。

3年前の今頃はまだランドセルをしょってヘラヘラ笑っていたのが、ちゃんとネットで時刻を調べて必要な書類を自分で用意し提出して電車に乗って無事に帰ってくる、それだけで随分大人になったなぁ。。人間になったなぁ。。なんて子供の成長を感じしみじみ感傷に浸ってしまいました。だって本当に幼かったものですから。。

今週は何故だか塾のない日は食卓で勉強してました。。「なんとなく」なんだそうです。いつもは自分の部屋のドアを閉め切っていて私も先に寝てしまう事が多かったのでどんな風に勉強をしているのか(あるいはしていないのか)全く分からなかったのですが、今週は、、

英単語を音声CDを聞きながら(ヒアリングに役に立つのだとか)書いたりブツブツ読んだりしながら暗記、過去問は時間をピッタリ計りながら2教科、そして答え合わせで喜んだり、吼えたり…だいたい3?4時間位。やっている子と比べると非常に少ない時間ですし受験までに間に合わない教科もきっとあるのでしょう。それでも自分自身で計画して取り組むようになったのは大きな進歩です。

何度か受けた模試試験の結果は、結局希望する県立の独自入試校は学力(偏差値)では同じ学校を希望する受験生のちょうど真ん中、けれども内申を合わせるとギリギリか数点足りないという状態が最後まで続きました。これでは後期の二次の枠には入れません。

私立は一般受験する2校のうちの1校は駿台模試で合格の可能性が大分高くでるようになりました。ただ過去問はあまり相性がよくないようで都内の別の進学校(附属ではない学校)の方が良かったかもしれません。もう一校の一般受験の超!チャレンジ校は…。せめて記念受験とならないレベルまで学力をつけて欲しかったのですが……。

内申でOKを貰えている1校は確保してあるものの最後の最後まで残り3校は挑戦の状態が続きます。

我が家には中学受験をする子がいないのですがちょくちょく立ち読みしている「プレジデントFamily」にとても印象的な記事が載っていました。

アンフィニッシュド ビジネス…完了していない未完結の課題を抱え込むと後々まで尾をひいてしまう事になってしまう、という記事です。例えば本命の学校をあきらめさせることで、その子の心に「やり残した感」「未完結感」を持たせてしまうとその子はその後も「未完結」を繰り返し「あの時ああしていれば」と悔やみ続けたり人のせいにしたりしてしまう例が多いのだとか。

本人が全力を尽くしたのなら未完結感は残りにくい。また進路変更も本人が充分納得し本人の意志で変更したのなら大丈夫。この「未完結のわだかまり」が出来るだけ残らないように、親としても子供を信じて応援してあげたいと、思っています。

というか私もそして主人もまさしくこの未完結を嫌い再挑戦させてもらったクチですので、この記事の言わんとしている事を実感しています。

次に書く時は合格の報告ができればいいなぁ、、1校だけでも。。今はそんな気持ちです
この記事のURL | 高校受験 | CM(11) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。