2017/04 ≪  2017/05 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017/06
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
そして駿台の、、
2007/07/17(Tue)
模試というか学力テストというようで…返却されてます。こちらは覚悟していたよりはでも安定しないできっと下がったり下がったり…しそう頑張れ?。
2年生では受ける人数も少ないですし志望校の合否予想も出て来ません。3年生の模試で算出してみました。

日大藤沢
・この学校の合格確実ライン --- 41.0

・この学校の合格可能ライン --- 35.5

山手学院
・この学校の合格確実ライン --- 47.0

・この学校の合格可能ライン --- 41.0

鎌倉学園
・この学校の合格確実ライン --- 47.0

・この学校の合格可能ライン --- 43.0

桐蔭学園:男子普通科
・この学校の合格確実ライン --- 48.0

・この学校の合格可能ライン --- 43.0

桐光学園:男子A
・この学校の合格確実ライン --- 48.0

・この学校の合格可能ライン --- 46.0

國學院久我山
・この学校の合格確実ライン --- 50.5

・この学校の合格可能ライン --- 47.5

東京工業大附
・この学校の合格確実ライン --- 51.0

・この学校の合格可能ライン --- 47.0

桐光学園:男子SA
・この学校の合格確実ライン --- 53.0

・この学校の合格可能ライン --- 48.0

桐蔭学園 男子理数科
・この学校の合格確実ライン --- 54.0

・この学校の合格可能ライン --- 49.0

明大明治
・この学校の合格確実ライン --- 58.5

・この学校の合格可能ライン --- 55.5

立教新座
・この学校の合格確実ライン --- 59.0

・この学校の合格可能ライン --- 56.0

国際基督教大:一般生
・この学校の合格確実ライン --- 59.5

・この学校の合格可能ライン --- 57.0


………………………………………………………………
今回と同じ偏差値を3年の模試で取れたとするとここまでが合格の可能性が80%?70%と出て来ました。行けるものなら是非行かせて頂きたい学校がたくさんあります3年生になると今まで受けていない優秀な生徒達が参戦してきますからよほど頑張らないと
………………………………………………………………

海城
・この学校の合格確実ライン --- 62.5

・この学校の合格可能ライン --- 59.5

桐朋
・この学校の合格確実ライン --- 62.8

・この学校の合格可能ライン --- 59.8

早大本庄学院:一般
・この学校の合格確実ライン --- 64.3

・この学校の合格可能ライン --- 61.3

慶応義塾
・この学校の合格確実ライン --- 64.5

・この学校の合格可能ライン --- 61.5

早大学院
・この学校の合格確実ライン --- 65.0

・この学校の合格可能ライン --- 62.0

早稲田実業
・この学校の合格確実ライン --- 66.0

・この学校の合格可能ライン --- 61.5

慶應志木:一般
・この学校の合格確実ライン --- 67.0

・この学校の合格可能ライン --- 64.0

W、Kを受けるならばせめてあと偏差値を5は上げないとスタートラインにも立てないようです。記念受験させている場合でもないですし。かなり厳しいです。

…………………………………………………………………
(せっかくですのであの学校達も載せておきます)

開成
・この学校の合格確実ライン --- 69.0

・この学校の合格可能ライン --- 66.5

東京学芸大附:一般
・この学校の合格確実ライン --- 67.0

・この学校の合格可能ライン --- 64.0

筑波大附駒場
・この学校の合格確実ライン --- 70.7

・この学校の合格可能ライン --- 67.7

(同じ年数を重ねてきたのにこんなに知識の量、質に差があるのね…と感嘆してしまいます)
…………………………………………………………………

我が家から通いやすい線は田園都市線、JR横浜線と小田急がギリギリ。なので是非一度説明会に行ってみたいと思っていた桐朋は流石に遠すぎ。2年生のうちに桐光、山手学院の説明会に参加してみたいです。

息子の通う塾では基本的に3年生は駿台模試必修で、2年生は希望すればまぁ受けてもいいよというスタンスのようです。本人はまた受ける!とやる気にはなっていますが、本人第一希望の公立高校の為にも内申、いえ、提出物をまずはなんとかしないと覚悟はしていましたが、キラキラとペンで色分けしたノート、面倒でも丁寧に問題の解き方を書き込んだ数学問題集などの提出に苦戦中です

こんな風に内申にかかわってばかりいると実力がついていかないと分かっているのですが。今回の駿台のテスト結果でも全国平均に比べて神奈川平均は凹んでいます。私立なんかない地方、またあっても依然公立優勢の都市などと比べると神奈川県はこのシステムが嫌でかなり優秀なお子さん達が私立へ流れていってます。神奈川の凹みが証明してますよね。たかが内申、されど内申。最後まで悩まされそうです。

息子が小学生の時に夢中だったダレン・シャン。新作もあっという間に夢中になっていました。私にも勧めるのですがどうしてもこの手の話に乗り切れず…。それにしてもハリポタから始まったファンタジーブームは本当に子供達に本を楽しませてくれる最高のきっかけとなりました。

スポンサーサイト
この記事のURL | 高校受験 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://2006sara2006.blog66.fc2.com/tb.php/8-7d428b79

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。